2024.02.02
ニュース

代表取締役山口がCDO補佐官を務める栃木県益子町の
未来共創拠点活用が下野新聞に掲載されました。

代表山口がCDO補佐官を務める栃木県益子町の未来共創拠点(SHIBUYA QWS)活用が、下野新聞に掲載されました。

 

益子町では、観光PRや関係人口の創出、産業振興などへ繋げる目的で
町役場職員・町内事業者等、様々な関係者が協力しながら、未来共創拠点を活用した毎月のイベントを渋谷で開催しています。

 

益子と東京をつなぐ拠点によって日常的な交流を重ねた結果、益子町に関心を持った少人数のグループが益子町を訪れるようになり、交流人口が増える兆しが出ています。

また、ふるさと納税の返礼品のニーズ調査を始め、自治体の施策の実験やヒアリングの場としての活用もされています。

 

これまで育てられたコミュニティの土壌を活かして、今後もさらに町への恩恵をもたらせるような利活用を目指して推進していきます。

 

※下野新聞掲載箇所

 

  • 関連投稿

    ニュース

    環境省「令和3年度移動データを活用した地域の脱炭素化施策検討委託業務〜データ駆動型脱炭素まちづくり」の報道発表及び業務報告書が公表されました。

    ニュース

    2/27(火)栃木県4市町
    自治体間共創連携キックオフイベントを開催@SHIBUYA QWS

    ニュース

    代表取締役交代のお知らせ

    ニュース

    福島県磐梯町、埼玉県横瀬町及び島根県海士町が、三町未来共創協定を締結。
    代表山口は共創推進における事務局長補佐として、各自治体と新たな自治体運営に挑戦。