自治体DX
特設ページ

VISION

ヴィジョン

私たちは、DXで自治体をデザインします。

自治体DX(デジタルトランスフォーメーション)は、
自治体と住民等がデジタル技術も活用して、
住民本位の行政・地域・社会を実現するプロセスです。
各自治体が目的を達成するための手段としてDXを推進し、
誰もが自分らしく生きられる共生社会を共創します。

自治体DXの推進において
「なんのために」「誰のために」デジタルを用いるのか、
目的を明確にすることから自治体DXがはじまります。

ICTとDXの違い

目的が明確になったら、デジタル化のステップを進めていきます。
デジタルによる価値創造の過程に
情報のデータ化や業務のICT化があるという順番が重要です。

デジタル化の3分類

デジタル化の3分類

弊社では、自治体DXのステップに応じて、
自治体の皆様へ寄り添ったサービスを提供しています。
細かい内容については、お気軽にご相談ください。

提供サービス

講演と研修

DXアドバイザー派遣

業務量調査とBPR

DX戦略・計画の策定

企業等との官民共創支援

実績


愛媛県「愛媛県デジタル総合戦略」策定業務

2020年7月から2021年3月にかけて、PdCが統括コーディネータを含む支援チームを編成し、愛媛県デジタル戦略室の職員の皆さんと官民共創的アプローチで、策定作業に関わりました。全庁(全ての課等)、全市町に対する網羅的なアンケートとヒアリングや、県・市町全ての知事、市町長を含む幹部職員に対して、研修も実施することで、次年度からの実質的な運用をできる体制構築支援も行いました。


愛媛県デジタル総合戦略 【全文(PDF:6MB)】 【概要版(PDF:7MB)】


愛媛県内市町 官民共創デジタルプラットフォーム「エールラボえひめ」事業

産学官、県内外のあらゆる企業・団体・個人等が官民共創するためのデジタルプラットフォーム。あらゆる主体が官民共創するための業務設計、それらを効率的かつ効果的に実現するシステム設計、生まれたプロジェクト等を通じて地域の価値と認知度を向上させるデジタルマーケティング設計の3つのチームを統括して、全国でも珍しい形を実現しました。


エールラボえひめのサイトはこちら

広島県三次市DX支援業務

2020年より、①助言・相談支援(市長、CDO、DX担当職員等)。②DX推進組織の運営支援。③職員研修。④職員のワーキンググループ支援。⑤官民共創支援(民間企業とのマッチング含む)。以上の総合的支援を実施。
三次市DX推進取組方針が策定されたり、民間企業との協業が成立したりしました。


島根県出雲市「デジタルファースト推進計画」策定業務

弊社がデジタルファースト推進計画策定の支援及び職員研修や市内外の事業者に対するセミナーを実施しました。


出雲市デジタルファースト推進計画 【全文(PDF:4MB)】 【概要版(PDF:2MB)】


︎岡山県真庭市DX支援業務

︎DXの推進にかかる助言・相談のアドバイザーを派遣しました。
また、幹部職員、一般職員を対象にしたDX研修を実施しました。


SUPPOROT MEMBER

メンバー

菅原直敏 Sugawara Naotoshi
取締役 CDO・CISO・CTO

菅原直敏 菅原直敏

菅原直敏Sugawara Naotoshi 取締役 CDO・CISO・CTO

神奈川県在住。日本初の自治体CDO(最高デジタル責任者)に就任し、福島県磐梯町にてDXを実践する。また、愛媛県等、県レベルのDX戦略策定の責任者や助言を行う。さらに、会津地方13市町村や愛媛県内20市町のDXにおける広域連携の支援にも取り組む。出光興産デジタル変革室の地方創生DXアドバイザー等、大企業からスタートアップ企業まで、DXにかかる助言や支援を行なっている。
一般社団法人Publitechの代表理事として、全国の自治体関係者へのDXの啓発講演を行い、その数は100以上の自治体、参加人数延べ6,000人以上にのぼる。


前田聰一郎 Maeda Soichiro
ゼネラルマネージャー クリエイティブディレクター

前田聰一郎 前田聰一郎

前田聰一郎 Maeda Soichiro ゼネラルマネージャー クリエイティブディレクター

福井県越前市在住。ステークホルダー間のコミュニケーションをより円滑なものにするためのデザイン提案を、マーケティング・ブランディング戦略を含めて行う。愛媛県「デジタル総合戦略策定事業(仮)」や、島根県出雲市「出雲市デジタルファースト推進計画策定」等を担当。
2020年より共創型デザイン事務所 株式会社Idea Craftを設立し代表取締役も務める。



渡部久美子 Watanabe Kumiko
マネージャー

渡部久美子 渡部久美子

渡部久美子 Watanabe Kumiko マネージャー

福島県磐梯町在住。自治体DX事業部マネージャーとしてプロジェクトマネジメントを行う。
2015年、ソフトバンク株式会社(当時:ソフトバンクBB)に入社。コールセンターのCSR、SVを経験し、運営企画・業務システム改善・BPR促進PJなどのプロジェクトマネージャーを歴任する。 その後に個人事業主として独立し、企業の業務改善コンサル、イベントプロデューサー等を歴任する。 現在は3人の子供を育てながら、福島県磐梯町の地域プロジェクトマネージャーや株式会社YUKARIの代表取締役社長を務めている。


五十嵐大貴 Igarashi Daiki
マネージャー

五十嵐大貴 五十嵐大貴

五十嵐大貴 Igarashi Daiki マネージャー

福島県磐梯町出身で東京と磐梯町の二拠点で活動し、デジタルマーケティング等を活用した広報業務全般のマネジメントを務める。
また、磐梯町地域おこし協力隊として自治体DX推進の現場にも関わりながら、その現場経験を活かして自治体DX白書.comでの動画制作ディレクションや、広島県三次市での広報業務アドバイザーなども務める。


田畑陽 Tabata Akira
マネージャー

田畑陽 田畑陽

田畑陽 Tabata Akira マネージャー

島根県海士町在住。一般財団法人島前ふるさと魅力化財団にて、グループウェアの導入・業務効率化/自動化・DXを推進。知財ベンチャーでの先端研究リサーチ、理系支援ベンチャーでの産学連携プラットフォームの開発・調査などを経て、2019年に独立。島根県海士町の委嘱を受け、産業連関表の調査・作成、地域版RESAS(小規模自治体向けデータ分析システム)の開発に従事。