2020.10.01
プレスリリース

【広島県三次市】が進める自走型DX推進の支援開始

Public dots & Companyは、三次市の自走型DX推進について、各種アドバイス及び人材育成、研修、CDO(DX推進本部責任者)のサポートおよび運営者、事務局のサポートなどの支援を開始しました。

 

三次市画像1
三次市画像2

 


【背景】
福岡市長(三次市)は、2019年に公約として掲げた三次版スマートシティ構想の実現に向けて、2020年8月、組織横断型のDX推進本部を新設し、同本部の責任者として堀川副市長をCDO(Chief Digital Officer:最高デジタル責任者)に任命しました。
堀川副市長兼CDOとDX推進本部は、三次版スマートシティ構想の策定に着手すると共に、全庁選りすぐりのメンバーで構成する各課題をテーマとしたワーキンググループとプロジェクトチームを立ち上げ、自走型DX推進を進めています。

 

  • 関連投稿

    プレスリリース

    株式会社電通ら3社と共に自治体のDXに特化したサイト「自治体DX白書.com」を開設

    プレスリリース

    包括連携協定から読みとく官民オープンイノベーションのトレンド調査を発表

    プレスリリース

    「逆プロポ」にて、ワイヤレスゲートと枚方市、生駒市のパートナーシップが成立

    プレスリリース

    「逆プロポ」妊活×まちづくりで暮らしやすい/働きやすい街をともに考える、ファミワンの自治体公募を開始