2020.10.01
プレスリリース

【広島県三次市】が進める自走型DX推進の支援開始

Public dots & Companyは、三次市の自走型DX推進について、各種アドバイス及び人材育成、研修、CDO(DX推進本部責任者)のサポートおよび運営者、事務局のサポートなどの支援を開始しました。

 

三次市画像1
三次市画像2

 


【背景】
福岡市長(三次市)は、2019年に公約として掲げた三次版スマートシティ構想の実現に向けて、2020年8月、組織横断型のDX推進本部を新設し、同本部の責任者として堀川副市長をCDO(Chief Digital Officer:最高デジタル責任者)に任命しました。
堀川副市長兼CDOとDX推進本部は、三次版スマートシティ構想の策定に着手すると共に、全庁選りすぐりのメンバーで構成する各課題をテーマとしたワーキンググループとプロジェクトチームを立ち上げ、自走型DX推進を進めています。

 

  • 関連投稿

    プレスリリース

    環境省「移動データを活用した地域の脱炭素化施策検討業務」において、各自治体で”脱炭素施策”を検討するための分析テーマが決定。

    プレスリリース

    自治体DX事業部の事業譲渡について

    プレスリリース

    日本初広域自治体と基礎自治体をつなぐ官民共創デジタルプラットフォーム「エールラボえひめ」を開発&ローンチ

    プレスリリース

    イーデザイン損保との
    逆プロポ第一弾
    プロジェクト
    選定自治体は
    神戸市と日野町に決定